尾ぐされ病の治し方

尾ぐされ病は常在細菌(水槽内にいる細菌)である、カラムナリス菌が熱帯魚に寄生することで発生します。

栄養状態や水質が悪化している場合、水温が急変した場合に感染する可能性が高くなります。

このページでは、小型熱帯魚が尾ぐされ病に感染した時の治療方法を説明しています。

下の写真のオレンジ色の枠内を見てください。ネオンテトラに感染したカラムナス菌が寄生している箇所は、白く変色しています。

軽傷なので完治できるレベルです。

フレキシバクター・カラムナリス菌はグラム性細菌の一種です。

このグラム性細菌だけを狙い撃ちして殺菌できるのはオキソリン酸です。

このオキソリン酸が含まれている液体の治療薬は、「グリーンFゴールドリキッド」です。

下の写真が治療薬です。

  

グリーンFゴールドリキッド

水草やエビへの影響が少なく、尾ぐされ病の治療が可能です。

適量を量るのも細粒タイプの治療薬に比べて簡単です。

但し、影響がゼロではありません。クリプトコリネの葉が数枚溶けます。ウィローモスも一部が枯れたりします。

ヤマト・ヌマエビやミナミ・ヌマエビなどは、熱帯魚よりも捕まえやすいので、薬浴する水槽から隔離した方が無難です。

コリドラスは動きが鈍くなります。コリドラスが居る水槽は注意が必要です。ナマズ類は薬浴に弱い魚種です。 

オキソリン酸を含む治療薬

オキソリン酸を含む熱帯魚用の治療薬には、「観パラD」もあります。オキソリン酸の含有量は1mL中、50mgです。

「グリーンFゴールドリキッド」の含有量が1mL中、5mgです。

「観パラD」が濃度10倍です。値段は「グリーンFゴールドリキッド」の方が安いです。

どちらも日本動物薬品㈱「ニチドウ」が販売元です。

細菌性の常備薬として、殆どの熱帯魚屋さんで販売しています。通販でも買えます。

エビは、ビーシュリンプ以外は平気でした。薬浴は規定量を必ず守ってください。 間違えると毒薬になります。

理由は、オキソリン酸を含む治療薬のpH(ペーハー)が11になる超アルカリ性だからです。

水量が少ない場合、pH(ペーハー)の激変は避けられません。

pHショックで全滅する可能性もあります。

薬浴の方法は水量が多い、水槽全てを薬浴する方法をオススメします。

隔離水槽は、一般の方ですと小型水槽になると思います。

その場合、規定量を計る計量カップでは治療薬の量が測れない程の微量になります。

また、先程の説明の通りph(ペーハー)が激変する可能性が高くなります。

病気が発生していない他の熱帯魚と一緒に、本水槽とフィルターも薬浴した方が無難です。

治療方法のポイント
  

治療を簡単に、そして生体に出来るだけ負荷を掛けない方法として、サテライトを使う方法をオススメします。

水槽全てを薬浴する方法です。細菌性の病気を治療して再発を抑えるには、早期発見と素早い治療開始が必須です。

ポイントは二つあります。

一つは、サテライトから、少しづつ治療薬を水槽に加えることでpH(ペーハー)の激変を避けることができます。

二つ目は、サテライトを使えば隔離の手間が省けて直に薬浴が開始できることです。

隔離水槽をセットして水温、pHを確認し逃げ回る小型熱帯魚を捕まえることを考えると「面倒くさい」と思いますよね。

しかし、治療開始を後回しにすると完治は困難になります。

すぐに薬浴を開始すれば完治の可能性が高くなります。

濾過バクテリアは時間と共に復活します。

病気が発生する環境ですので、一度、水槽全てを薬浴した方が再発を防ぐことができます。

サテライトを使った薬浴の方法

飼育水を半分換水してください。活性炭フィルターやゼオライトなどは外してください。

また、照明・二酸化炭素の強制添加は止めてください。

本来は稚魚などを隔離して飼育するアクア用品です。下の写真のような使い方です。

スドーのサテライト外箱

 

サテライトを使った水槽全体の薬浴にはには、エアーポンプとエアー分岐のコック、エアー調整用の弁とホースが必要です。

どれも数百円で買えます。下の写真が必要な機器一式になります。

サテライトの使い方

サテライトに治療薬を入れてください。

その後、エアーポンプで飼育水を押し上げてサテライトに落として行きます。

飼育水を落とす量とエアーストーンから酸素を供給する量は、写真の上側に写っている2分岐のコックで微調整できます。

エアーの量は微量で大丈夫です。サテライト内で飼育水と治療薬が混ざります。

その後、1秒数滴、治療薬が混ざった飼育水が水槽内に落ちて行きます。

この状態になれば、後は何時間でも放置しておけます。酸欠の心配もありません。

病気の熱帯魚は酸欠になりやすいので、エアーの供給は大事です。

グリーンFゴールドリキッドで薬浴する時のコツ

薬浴を行う日数は5日から7日間と、日本動物薬品㈱「ニチドウ」のホームページに書いてあります。

尾ぐされ病は、完治まで長く掛かります。3日から1週間くらいを目安に薬浴してください。

エサは普段の半分くらいを与えてください。絶食すると、魚の体力が落ちて病気が治りません。

薬浴で水槽内の病原菌を除菌した後は、他の生き物に感染が広がらないよう薬浴してください。

私は、3日連続で薬浴した後、半分換水します。翌日も半分換水します。

3日間、薬浴した後は二酸化炭素の添加と照明点灯を再開します。

3日連続の薬浴の後は、2日間は薬浴を止めて様子を見ます。

治りが悪い場合は、2度目の薬浴を3日間行います。

尾びれだけの発生であれば、この方法で治る可能性はあります。

口先に発生した場合は、完治した経験がないです。口先からエサが食べられない状態になると体力が落ちます。

発病した個体の口先に、スポイドやピンセットで栄養価の高いエサを与える方法で口ぐされ病が完治した話は聞きます。

日本動物薬品㈱「ニチドウ」の質問ページに薬浴の方法が記載してあります。コチラをクリックすると、質問ページが表示されます。

コックを使った調整方法
尾ぐされ病の発生原因と再発防止の方法

水槽内、自然界に存在するフレキシバクター・カラムナリス菌が熱帯魚の皮膚に寄生して増殖します。

進行が速い病気で、エラに感染すると呼吸困難になります。その場合、完治の可能性は極めて低くなります。

細菌が感染する熱帯魚の病気は、死亡原因の中でも多いです。また、白点病と比較すると致死率が高い病気です。

発生の原因は複数考えられますが、ヒーターの故障で水温が急低下した場合は、発生する可能性があります。

尾ぐされ病について書いている、このページへのアクセス数は気温が変わりやすい秋から冬場、春先に急増します。

冬場や季節の変わり目は、気温の低下や急変で人間もインフルエンザや風邪で体調を崩しますが、熱帯魚も同じみたいです。

水温が一日の間に2度以上変わらないよう、注意してください。

ヒーターは水槽の中で何の前触れもなく、音や振動も発生せずに故障するのが困った点です。

朝起きて水槽を見たら「熱帯魚の様子がおかしい」、水温計をみたら「18℃になってる!」。私も経験者です。

電子水温計は電池式タイプであれば、900円前後で売ってます。私も長年使ってます。

季節の変わり目は、水温管理にも注意してください。下のグラフ、オレンジ色の下線が細菌系の病気になります。

ヒーターを2個以上設置する理由

ヒーターは故障しても、水槽管理者には分かりません。分かるのは水温が急低下した後です。熱帯魚の異変で気づく場合が多いです。

水温が急低下すると、熱帯魚の免疫力が弱くなります。皮膚を保護している粘膜の力が弱くなり、病気に感染する確率が高くなります。

熱帯魚が感染する病気の大半は、水槽に普段からいる細菌などが原因です。免疫力が弱くなると、普段は感染しない病気になるのは人間と同じです。

縦型ヒーター

縦型ヒーターはレイアウト水槽にも最適です。後景草の後ろに隠して設置することができます。

上の写真は80Wヒーターです。26Lまで対応しています。1個は横向きの100Wを設置しておけば、60cm水槽のバックアップとして十分だと思います。

横向きヒーターは、レイアウトの邪魔になります。縦型はソイルから10cm以上の高さに吸盤なしでブラ下げて設置できます。

水草を植えたい場所にヒーターが無いのは、アクアリストにとってメリット大です。流木や岩を置く底面から、ヒーターがなくなります。

ヒーターを隠したい方も、そうで無い方もヒーターはバックアップを入れておくと、尾ぐされ病を予防できます。

ヒーターは故障する物と思って、2個以上設置することをオススメします。

小型熱帯魚の尾ぐされ病は、完治が難しいです。予防が大事だと思います。

ヒーターに適度な水流は必須

ヒーターが正しく動作するには、適度な水流をヒーターの周囲に作る必要があります。

ヒーターの温度センサーに水槽全体の水温を正しく感知させるため、水流が必要です。

水流が殆どない場合、ヒーターの温度センサーがヒーター近くの水温で判断して動作を止めます。

水温が上がらずに悩んでいる方は、排水口の近くや、水流がある所にヒーターを移動してみてください。

ヒーターを隠すため、有茎草が生い茂った根元に隠すと水流があたらず、水温を誤って感知する場合があります。

場所を変えるだけで、水温が安定するケースが多々あります。

大半のヒーターは、26℃にプリセット(事前に温度設定)されています。

ヒーターから離れた場所と、ヒーター近くの水温に差が出ます。3℃くらい差が出る場合もあります。

病気の原因と対策一覧表
原因 対策
ストレスなどで皮膚が荒れて粘膜が薄くなる 過密飼育を避ける。水草を増やし、弱い個体の逃げ場を作る
季節の変わり目で水温が急低下した 夏場にもヒーターを設置。ヒーターは2個以上を設置して、1個が壊れた時の水温急低下を防ぐ
水槽のpHが熱帯魚に合っていない 中性から弱アルカリ性を好む熱帯魚をpH6前後で飼育すると粘膜がただれる。pHを測定した後、徐々に適正値に戻す
過密飼育(水槽サイズに適した生体数を超えている)による飼育水の過剰な汚れ 換水を頻繁に行うか水槽を増やす
エサ不足による体力低下 エサが取れず痩せている個体がいないか観察する。混泳の場合は、エサの与え方を工夫する

ページの先頭へ