ミナミ・ヌマエビを長生きさせるコツ

 

ミナミ・ヌマエビは繁殖が簡単なエビです。温和な小型熱帯魚と混泳することも可能です。

一度、水槽の水質になじむと、飼育は簡単です。

ミナミ・ヌマエビ

熱帯魚のエサの残りや、ウィローモスが生えていれば専用のエサは不要です。

水質はpH7前後で幅広く適応します。水温も熱帯魚と同じ位で大丈夫です。

繁殖すると稚エビが少しづつ大きくなっているのが分かります。

稚エビは、ガラス前面にも出てきて仕草に愛嬌があります

高温には弱く、慎重な水合わせが必要です。

飼育方法

  • 原産地:アジア一帯
  • 飼育難易度:普通
  • 水質:pH6からpH8.0まで幅広く適応。水合わせが重要
  • 水温:20℃から28℃ 
  • 性質:温和 
  • 混泳:小型熱帯魚との混泳可能。超小型のミクロ・ラスボラやホタル・テトラとの相性が良い
  • エサ:ウィローモスやコケ。乾燥ホウレン草やエビ類専用のタブレット
  • 寿命:2年前後
  • 体長:1cmから2cm 
  • 水槽:30cmキューブ以上
  • 定位置:上層から下層、水草の影を好む
  • フィルター:エーハイム2004以上
  • 底砂:ソイル、砂、大磯砂など幅広く適応 
  • 繁殖:簡単
  • 値段:安い
  • 混泳注意:小型のカラシン(カージナル・テトラ)やベタ、ラスボラ・ヘテロモルファは稚エビを食べる

ページの先頭へ