グリーンネオン・テトラを長生きさせるコツ

グリーンネオン・テトラの特徴

グリーンネオン・テトラは人気のある美しい熱帯魚です。また、性質が温和で丈夫です。

ネオン・テトラと非常に似ていますが、緑色に近い青色ラインが体の中央にあります。

グリーン・ネオンテトラの青みががった緑色は、水草水槽で美しい水景を作ってくれます。

ブリード個体が安く入手できるのでメディアには余り登場しませんが、定番の魚種です。

全体的に透明感があり緑のラインが目立ちます。水草水槽に良く合う体色です。

混泳も可能ですし、単独飼育で数匹から数百匹の群泳も出来ます。  

  
飼育方法
  

グリーンネオンテトラ

  • 原産地:南米
  • 飼育難易度:簡単
  • 水質:pH6からpH7.5の幅広い水質に適応。但し、弱酸性の軟水が最適
  • 水温:24℃から28℃ 
  • 性質:温和 
  • 混泳:小型魚やヤマトヌマエビ、オトシン、コリドラスと混泳可能
  • エサ:口が小さいので、ゆっくりと沈下する小粒のエサが最適。単独飼育の場合はフレークタイプも可
  • 寿命:3年前後
  • 体長:3cm前後
  • 水槽:30cmキューブ以上
  • 定位置:中層から下層までの水草の影を好む
  • フィルター:エーハイム2004以上
  • 底砂:ソイルが最適。大磯砂も可能  
  • 繁殖:難しい
  • 値段:安い。カージナル・テトラよりも安い。ワイルドとブリード(養殖)個体で値差あり

グリーンネオンテトラ

ページの先頭へ