コリドラス・ステルバイを長生きさせるコツ

コリドラス・ステルバイの特徴

コリドラス・ステルバイは水玉模様が美しい人気のコリドラスです。

東南アジアのブリード(養殖)個体と、南米の現地採取(ワイルド)種が販売されています。

コリドラスの中では丈夫な魚種です。このため、導入時の水合わせが上手くいけば繁殖も可能です。

コリドラスステルバイ

購入する熱帯魚専門店と購入後の水合わせに注意が必要です。コリドラス類はナマズの仲間です。

病気になると治療が困難な魚種です。特に尾(口)ぐされ病になると完治は難しいです。

5年以上長生きしますので、購入時に細心の注意を払えば長い付き合いが可能です。

ビニール袋にパック売りしている店は除外した方が無難です。

底床が汚いと病気にかかりやすくなります。

また、ロングノーズの大型コリドラスと混泳すると、エサを取られて餓死する可能性があります。

混泳の時はエサが行き渡るように工夫してください。

コリドラスステルバイ

飼育方法
  • 原産地:南米
  • 水質:pH6からpH7.5の幅広い水質に適応。但し、弱酸性の軟水が最適
  • 水温:24℃から28℃ 
  • 性質:温和(臆病)
  • 混泳:小型魚やヤマトヌマエビ、オトシン、小型のコリドラスと混泳可能
  • エサ:コリドラス用タブレットか冷凍アカムシ、活イトメ
  • 寿命:5年以上
  • 体長:5cm前後(体高がある) 
  • 水槽:30cmキューブ以上
  • 定位置:底床(砂の上、時々、上下に泳ぎ回る)
  • フィルター:エーハイム2004以上
  • 底砂:田砂が最適。大磯砂も可能 。底床は薄くするか、週に数回はプロホースで掃除
  • 繁殖:飼育開始から3年~4年で排卵する。エビに食べられる前に、卵の隔離が必要
  • 値段:普通。ワイルド(現地採取)個体は若干高い

ページの先頭へ