エサの与え方は大事です。

余らせるとコケや油膜の原因になります。

足りないと、熱帯魚が衰弱して病気になります。

このページでは、誰でも簡単に出来るエサの与え方を解説しています。

熱帯魚店や問屋で教えて貰った方法です。

エサを食べる時間は2分前後で大丈夫です。

エサを与える回数は、1日、1回か2回で十分です。

一匹が2から3粒食べる量があれば、丁度良いです。

底に落ちるエサが無いのが理想です。

エサの与え方

エサは容器を横向きにして、指で叩きながら手の平に1cm四方くらいを落としてください。

絶対にやってはいけないのが、エサの容器を水面に向かって振りかざす方法です。

料理の塩コショウで味付けするような与え方は避けてください。

理由は、エサを与えている量が毎回大きく異なるからです。

また、与えた量が確認できません。水槽に入れた後ではエサの量を確認できないからです。

手の平でエサの量を確認した後、与えた結果、熱帯魚が食べずに底に落ちる量が多ければ、次回は少し減らしてください。

エサの量を目で測り適量が分かれば、コケや油膜の防止にもなります。

エサの量

下の写真が1cm四方くらいに落としたエサです。

一度、手の平で量を確認、調整した後に水槽にエサを入れてください。

1cm四方の枠を油性マジックで手の平に書いてみてください。

その枠に収まるよう練習してみて下さい。

エサが水面に浮かんでいる場合は、水槽に指を数本入れて浮いているエサに近い水面をかき混ぜてください。

熱帯魚の習性は、水面からゆっくりと沈む物に斜め下から食いつきます。

沈下するエサに熱帯魚が反応しない場合は与え過ぎか、水質に問題ありと思った方が良いです。

エサの与え方

この量で20匹のミッキーマウス・プラティが約1分で食べ尽くします。

ミッキーマウス・プラティには、この量を朝、2回与えて終わりです。合計約2分で食べ終わる量を与えています。

朝、1回決まった量を決まった時間に与えるだけです。痩せ過ぎたりせずに、長生きしています。

エサを均等に分け与えるコツ

1種類の熱帯魚を飼っている水槽と、数種類の熱帯魚を飼っている水槽ではエサの与え方を変える必要があります。

1種類の熱帯魚だけを飼育するのを単独飼育と言います。

単独飼育はエサの取り合いで魚種による差が出ないので、エサを手の平から水面に落とすだけです。

後は水流で散らばります。

数種類の熱帯魚にエサを与える方法

数種類の熱帯魚を一つの水槽で飼育することを混泳と言います。

混泳の場合はエサの与え方が非常に難しくなります。

理由は、魚種毎に泳ぐスピード、俊敏性、体格、気性に大きく差があるからです。

体の大きさが同じ位でも、これらの能力は大きく違います。

下の写真は混泳している自宅の60cm規格水槽でエサを与えている時に撮影しました。

水槽の上層を泳ぐラスボラ・ヘテロモルファは、他の魚種より泳ぐスピードが速く、気性も荒いです。

このため、水面にエサを落とすだけでは、全てラスボラ・ヘテロモルファが取ってしまいます。

ラスボラ・ヘテロモルファはコイ科です。カージナル・テトラなどはカラシン科です。

同じ体形、体格でもコイ科の方が泳ぐスピード、気性の強さでカラシン科の熱帯魚よりエサ取りが速いです。

水面に浮かぶエサでコイ科の熱帯魚を集めて、スポイドで中層から下層にいる熱帯魚に与える方法をオススメします。

混泳のエサ取り

スポイドを数か所に素早く動かしながら、エサを分散して与えています。

下の方にいるカージナル・テトラとレッドファントム・テトラが温和な性質です。

このため、素早くスポイドを動かすことでエサを出来るだけ均等に与えるよう気を付けています。

スポイドは熱帯魚店で数百円くらいで買えます。下の写真が普段使うスポイド(ピペット)です。

ガラス製の方が良いと思います。理由は、中を洗い流せるからです。衛生的です。

プラスチック製は中に残ったエサが腐ります。上の方に溜まると洗い流せません。

 

下の写真にあるスポイド(ピペット)は全て東急ハンズ渋谷本店で買いました。

東急ハンズの実験道具売り場は穴場です。他で買うよりも安いです。

スポイド

冷凍エサは、スリ鉢やコップに飼育水を入れて溶かして、ガラス製のスポイド(ピペット)で与えています。

冷凍エサを与えた後、スポイドの中に残りがベットリと付くので、赤いキャップを外して流水で中を洗えるガラス製をオススメします。

スポイドで与える方法は、先ず手の平にエサを落とした後、プラスチックコップやスリ鉢にエサを入れてください。

その後、スポイドで飼育水を吸い上げ、容器に落としてください。

容器の中で飼育水とエサを混ぜると数秒でエサが容器の下に沈みます。

沈んだエサと飼育水をスポイドで吸い上げてください。

下の写真は、エサをスリ鉢に落とした時に撮影しました。スリ鉢はダイソーの100均で買いました。

エサとスリ鉢とスポイド

吸い上げた後、スポイドを水槽に入れて少しづつ、場所を素早く動かしながらエサを与えてください。

エサ食いの様子も観察してください。

もし、エサを全く食べない個体がいたら、体の表面に白点や白く濁った個所がないか確認してください。

体の表面に異常がある場合は直に熱帯魚用の薬で治療してください。エサを食べる時に熱帯魚の調子が良く分かります。