ヤマト・ヌマエビを長生きさせるコツ

ヤマト・ヌマエビの特徴

ヤマト・ヌマエビは最強のコケ取り能力を持つ日本産のエビです。熱帯魚と混泳することも可能です。

育成は簡単です。特別なエサも不要です。残飯やコケ、ウィローモスを食べます。

高水温には弱く、慎重な水合わせが必要です。水質に慣れると5年以上長生きします。

熱帯魚専門店では、オーダーを受けたレイアウト水槽を立ち上げる際、2週間前後は水草だけを育成します。

その後、最初に投入されるのがヤマト・ヌマエビです。立ち上げ時に発生するコケを食べ尽くします。

ADA(株式会社アクアデザインアマノ)の創業者、天野尚(故人)氏がコケだけを取り水草の食害が少ない生体として世界中に広めたエビです。

このため、海外のアクアリストは「アマノ・シュリンプ」と呼びます。

ヤマト・ヌマエビ

飼育方法

  • 原産地:日本(大和)
  • 飼育難易度:普通
  • 水質:pH6からpH8.0まで幅広く適応。水合わせが重要
  • 水温:18℃から28℃ 
  • 性質:温和 
  • 混泳:小型熱帯魚との混泳可能。超小型のミクロ・ラスボラやホタル・テトラは捕食される可能性あり
  • エサ:ウィローモスやコケ。乾燥ホウレン草やエビ類専用のタブレット
  • 寿命:5年前後
  • 体長:3cmから7cm 
  • 水槽:30cmキューブ以上
  • 定位置:上層から下層、水草の影を好む。体を半分以上出して、排水パイプの上を歩いたりする
  • フィルター:エーハイム2004以上
  • 底砂:ソイル、砂、大磯砂など幅広く適応 
  • 繁殖:非常に難しい。海水と淡水が混ざる河口で産卵する。汽水を作り稚エビを育成する必要あり
  • 値段:安い
  • 食害:柔らかい水上葉を食べることが有ります。特にアルテル・ナンテラの水上葉は大好物です
  

ページの先頭へ