ロタラを美しく育てるコツ

ロタラは後景草の定番です。

同じ品種を10本から20本まとめて植えると後景に高さとボリュームが出ます。

前景、中景よりも高く伸ばして、ボリュームを出すと水景に奥行き感がでます。

アクアリウムの専門店にあるレイアウト水槽でも、必ず使われる定番種です。

ロタラ・インディカやマクランドラは真っ赤になる水草の代表種です。

育成には、ソイルが適しています。また、高光量の照明で本来の色を出します。

大磯砂でも育ちますが、赤味を強く出すにはソイルが必要です。「肥料食いのロタラ」と呼ばれています。

栽培方法

ロタラ・マクランドラ  

ロタラが水面に達した時トリミングを待つ

水面に達した後、そのまま10cm伸ばしてください。水面の高光量で真っ赤になります。

水面に達して赤くなるだけでなく、根が発達しています。トリミングせずに水面に沿って10cmくらい伸ばしてください。

根が張り、その後の成長が早くなります。ロタラは茎が細いわりには根が長く伸びます。根張りはソイルを横から見て確認してみてください。

挿し木で赤い群落が作れます。下の写真、真ん中がロタラ・マクランドラ・ソフトリーフです。

両隣はルトウィジア・トリコロールです。水面に達した後、真っ赤になります。

植える時のコツ

植える時に注意が必要です。根元をピンセットで強く挟み過ぎると、根元が損傷します。根元の損傷で成長が止まります。

水中で水草を植える場合、ソイルに対して斜め横(殆ど横向き)から植えてください。

差し込んだら、ピンセットの間に指を一本入れてピンセットを開きます。

開いたまま、横方向にゆっくりと抜きます。ピンセットを開くことでソイルや砂が根元に落ちてきます。重りになります。

開いたまま横方向に抜くことで、浮力で浮こうとする水草が抜けることを防げます。

植える位置は中景から後景が適しています。茎が細く、葉も小さいので植え方にコツが必要です。

一定の個所に数10本まとめて植えるとレイアウト水槽のアクセントになります。

バラバラに植えると水景の中で存在感ゼロになります。

ロタラ・マクランドラ

ページの先頭へ