コリドラス・パンダを長生きさせるコツ

コリドラス・パンダの特徴

コリドラス・パンダは非常に仕草が可愛い人気の熱帯魚です。

幼魚は殆どが東南アジアのブリード(養殖)個体です。

稀に南米の現地採取(ワイルド)種が販売されます。

温和な性質です。エサ取りが遅いので混泳の場合は工夫が必要です。

購入する熱帯魚専門店と購入後の水合わせに注意が必要です。コリドラス類はナマズの仲間です。

病気になると治療が困難な魚種です。特に尾ぐされ病になると完治は難しいです。

5年以上長生きしますので、購入時に細心の注意を払えば長い付き合いが可能です。

ビニール袋にパック売りしている店は除外した方が無難です。

また、人気の熱帯魚ですので、熱帯魚店も仕入れてスグに販売する傾向があります。

幼魚が販売されますので、輸送のストレスや店舗の水槽環境になれるまで待って購入した方が良い魚種です。

コリドラスパンダの幼魚は、体長が成魚の半分くらいです。人間で言えば小学生低学年くらいです。

人間と同じように、成魚と比べると病気やストレスに弱いです。

コリドラスパンダが難しいと言われる理由の一つは、小さな幼魚が販売されているからです。

しかし、コリドラスパンダの幼魚は、仕草がメチャクチャ可愛いです。人気が出るのが分かります。

ブリード個体は東南アジアの熱帯魚ファームから毎月、輸出されています。

店舗で販売されて残り5匹位になったら、背びれがしっかりと立った、体色の濃い個体を指名買いしてください。

底床が汚いと病気にかかりやすくなります。

また、ロングノーズの大型コリドラスと混泳すると、エサを取られて餓死する可能性があります。  

コリドラス用のタブレットを落とす時、毎回、同じ場所に落とすとコリドラスも寄り付くようになります。

プロホースのパイプ部分を使うと、水流に流されずに確実にピンポイントで落とせます。

アクア用のパイプであれば、なんでもOKです。下の画像がパイプを使っている様子です。

パンダのエサを落とす方法

ロート(漏斗)を使うと、複数のエサを投げ込むのが楽です。ロート(漏斗)はダイソー100均で買いました。

オトシン・ネグロが居るので、プレコタブレットを半分にして、コリドラス用のエサと一緒に投げ込んでいます。

毎日、仲良く同じ場所で食べています。

ロートを使ったタブレットの落とし方

コリドラスの大好物は冷凍アカムシです。冷凍した熱帯魚用のエサは1週間に1回くらいで大丈夫です。

栄養が偏るので、普段はコリドラス用タブレットが良いと思います。

冷凍した熱帯魚用のエサは、「モグモグバスケット」を使うと、コリドラスが散らかさず上手に食べれます。

モグモグ

混泳の時はエサが行き渡るように工夫してください。

パンダのエサ取り

飼育方法
  • 原産地:南米
  • 水質:pH6からpH7.5の幅広い水質に適応。但し、弱酸性の軟水が最適
  • 水温:24℃から28℃ 
  • 性質:温和(臆病)
  • 混泳:小型魚やヤマトヌマエビ、オトシン、小型のコリドラスと混泳可能
  • エサ:コリドラス用タブレットか冷凍アカムシ、活イトメ
  • 寿命:5年以上
  • 体長:3cmから5cm(体高がある) 
  • 水槽:30cmキューブ以上
  • 定位置:底床(砂の上、時々、上下に泳ぎ回る)
  • フィルター:エーハイム2004以上
  • 底砂:田砂が最適。大磯砂も可能 。底床は薄くするか、週に数回はプロホースで掃除
  • 繁殖:長期間飼育すれば排卵するが、エビに食べられる前に隔離が必要
  • 値段:普通。ワイルド(現地採取)個体は若干高い

ページの先頭へ