水草の育て方
熱帯魚業界のプロがコツを公開

閲覧ランキング(画像をクリックすると水草ごとのページが表示)

  1. グロッソスティグマの育成方法

    グロッソスティグマ

    「緑の絨毯を作りたい」、その時に一番人気の水草です。ソイルと高光量で育成可能です。植える位置は前景です。中景、後景に水草を植えると30cmキューブでも奥行きのあるレイアウトが作れます。

  2. クリプトコリネの育成方法

    茶色のクリプトコリネ

    クリプトコリネは東南アジア原産のサトイモ科の水草です。葉の形と色に特徴があります。水草レイアウトでは水景にアクセントを付けるため、一箇所だけ植えると効果があります。茶色になるタイプもあります。

  3. ウィローモスの育成方法

    ウィローモス

    ウィローモスは活着性のある陰性水草です。流木に活着させて、自然な雰囲気をレイアウトに出す効果があります。新芽は、エビ類にとって貴重なエサになります。また、熱帯魚の産卵場所にもなります。

  4. ロタラの育成方法

    ロタラ

    ロタラは人気の水草です。ロタラ・インディカやマクランドラは真っ赤になる水草の代表種です。育成には、ソイルが適しています。また、高光量の照明で本来の色を出します。

        
  5. アルテルナンテラの育成方法

    アルテルナンテラ

    アルテルナンテラは人気の水草です。赤くて丈夫な水草の代表種です。大きな赤い葉と太い茎は存在感が抜群です。このため、後景草として使われることが多いです。肥料や二酸化炭素の濃度で節の間隔や葉の色、ウェーブに変化が出ます。調整することで、自分好みのアルテルナンテラが成長します。

        

最新情報

サイトをリニューアルしました

4年振りにサイトをリニューアルしました。SEOとアクセス解析のスキルアップのため、自宅でもサイトを独自運営することにしました!
よろしくお願いします。

  

ページの先頭へ