水カビ病の治し方

水カビ病の概要

水カビ病は、熱帯魚の皮膚に白い綿が付いた様な、盛り上がった個所ができます。

小型の熱帯魚でも完治できます。

水槽の常在細菌(飼育水に普段からいる)であるカビの菌糸が寄生して発生します。

皮膚の上に綿が白く付いている様な場合は水カビ病、皮膚自体が白くなっている場合は尾ぐされ病と判断してください。

治療薬には「ヒコサンZ」が有効です。2日間、水槽全体を薬浴してください。

栄養状態が悪い個体や皮膚に傷が出来た場合、水カビ病に感染する可能性があります。

体力がない小型熱帯魚でも薬浴で完治できます。発見したら、すぐに治療を開始してください。

水カビ病

水カビ病に効く治療薬

治療には「ヒコサンZ」がオススメです。水草やエビへの影響が少なく、水カビ病の治療が可能です。

但し、影響がゼロではありません。クリプトコリネの葉が数枚溶けます。

ウィローモスも一部が枯れたりします。コリドラスは動きが鈍くなります。

コリドラスが居る水槽は注意が必要です。ナマズ類は薬浴に弱い魚種です。エビは、ビーシュリンプ以外は平気でした。

ヒコサンZ

薬浴のコツ

薬浴は規定量を必ず守ってください。間違えると毒薬になります。pHショックで全滅する可能性もあります。

薬浴は水槽全てを薬浴する方法をオススメします。隔離水槽は、一般の方ですと小型水槽になると思います。

その場合、規定量を計る計量カップでは治療薬の量が測れない程の微量になります。

規定量を間違える可能性が高くなります。

日本動物薬品㈱「ニチドウ」の質問ページに薬浴の方法が記載してあります。コチラをクリックすると、質問ページが表示されます。

サテライトを使った薬浴のコツ

水槽全体を薬浴する方法では、サテライトを使い少しづつ薬剤を水槽に加える方法が最適です。

飼育水を半分換水してください。活性炭フィルターなどは外してください。

また、照明・二酸化炭素の強制添加は止めてください。

本来は稚魚などを隔離して飼育するアクア用品です。下の写真のような使い方です。

スドーのサテライト外箱

サテライトを使った水槽全体の薬浴にはには、エアーポンプと2分岐のコック、エアー調整用の弁とホースが必要です。

どれも数百円で買えます。下の写真が必要な機器一式になります。

サテライトの使い方

サテライトに治療薬を入れてください。その後、エアーポンプで飼育水を押し上げてサテライトに落として行きます。

飼育水を落とす量とエアーストーンから酸素を供給する量は、上側に写っている2分岐のコックで微調整できます。

エアーの量は微量で大丈夫です。サテライト内で飼育水と治療薬が混ざります。

その後、1秒数滴、治療薬が混ざった飼育水が水槽内に落ちて行きます。

病気の熱帯魚は酸欠になりやすいので、エアーの供給は大事です。

水槽全体を薬浴するメリット

病気の熱帯魚を治療する方法は、隔離して薬浴するのが一般的です。

しかし、隔離するためには水槽内を逃げ回る小型の熱帯魚を網で上手に捕まえる必要があります。

水草が茂り、流木や岩が配置された水槽で、逃げ回る小型の熱帯魚を捕まえるのは至難の業です。

また、病気の熱帯魚が更に衰弱します。他の熱帯魚も命懸けで逃げるので衰弱します。

水草やエビに影響が少ないリキッドタイプの治療薬を、水槽に入れて全体を薬浴する方が簡単です。

外部フィルター内や水槽の中を全て薬浴する方が再発率が低くなります。管理方法を見直しましょう。

水カビ病の発生原因と再発防止方法

水槽内、自然界に存在する常在細菌が熱帯魚の皮膚に寄生して増殖します。普段から水槽内に居る細菌です。

  1. 流木や岩組に透明なテグス(釣り糸)を使っている ➡ 結び目が表に出ている、枝の間に糸が張っている場合は除去    
  2. 自作機器の切断面がバリ取り(鋭利な切断面を研磨)されていない ➡ 自作機器を撤去   
  3. pHが熱帯魚に合っていない  ➡ 中性から弱酸性を好む熱帯魚をpH6前後で飼育すると粘膜がただれる。pHを測定して、徐々に適正値に戻す
  4. 過密飼育(水槽サイズに適した生体数を超えている)による飼育水の過剰な汚れ  ➡ 換水を頻繁に行うか水槽を増やす
  5. エサ不足による体力低下  ➡ エサが取れず痩せている個体がいないか観察する。混泳の場合は、エサの与え方を工夫する
ヒーターを2個以上設置する理由

ヒーターは故障しても、水槽管理者には分かりません。分かるのは水温が急低下した後です。熱帯魚の異変で気づく場合が多いです。

水温が急低下すると、熱帯魚の免疫力が弱くなります。皮膚を保護している粘膜の力が弱くなり、病気に感染する確率が高くなります。

熱帯魚が感染する病気の大半は、水槽に普段からいる細菌などが原因です。免疫力が弱くなると、普段は感染しない病気になるのは人間と同じです。

縦型ヒーター

縦型ヒーターはレイアウト水槽にも最適です。後景草の後ろに隠して設置することができます。

上の写真は80Wヒーターです。26Lまで対応しています。1個は横向きの100Wを設置しておけば、60cm水槽のバックアップとして十分だと思います。

横向きヒーターは、レイアウトの邪魔になります。縦型はソイルから10cm以上の高さに吸盤なしでブラ下げて設置できます。

水草を植えたい場所にヒーターが無いのは、アクアリストにとってメリット大です。流木や岩を置く底面から、ヒーターがなくなります。

ヒーターを隠したい方も、そうで無い方もヒーターはバックアップを入れておくと、尾ぐされ病を予防できます。

ヒーターは故障する物と思って、2個以上設置することをオススメします。

小型熱帯魚の尾ぐされ病は、完治が難しいです。予防が大事だと思います。

ヒーターに適度な水流は必須

ヒーターが正しく動作するには、適度な水流をヒーターの周囲に作る必要があります。

ヒーターの温度センサーに水槽全体の水温を正しく感知させるため、水流が必要です。

水流が殆どない場合、ヒーターの温度センサーがヒーター近くの水温で判断して動作を止めます。

水温が上がらずに悩んでいる方は、排水口の近くや、水流がある所にヒーターを移動してみてください。

ヒーターを隠すため、有茎草が生い茂った根元に隠すと水流があたらず、水温を誤って感知する場合があります。

場所を変えるだけで、水温が安定するケースが多々あります。

大半のヒーターは、26℃にプリセット(事前に温度設定)されています。

ヒーターから離れた場所と、ヒーター近くの水温に差が出ます。3℃くらい差が出る場合もあります。

ページの先頭へ